自転車がパンクしてもすぐ修理出来ずでした。

昨日、食材の買い出しで唯一使っている、マイ自転車がパンクしてしまいました。

後輪の空気が抜けてぺちゃんこになっていました。

ここ最近、2日に一回にしている食材の調達日でしたので、どーしよう!!と思いましたが、食べる物が無くては困ると、片道だけでももつかと、とりあえず空気入れで空気を入れ、でかけました。

道中、ホームセンター内の自転車コーナーでパンクを直してもらっている間、食材の買い物をしたら、帰り道はパンクが直った自転車で帰れるかもと気づき、まずホームセンターへ。

自転車コーナーで伺ったところ、「修理完了は3日後です。」と。

休業要請で業者先がお休みのためとか何とか…。

さらに、修理の予約は出来るも、自転車そのものを預けてくださいとのこと。

修理はしてほしいけれど、預けたら今日の帰り道は、歩いて帰ることになり、荷物を持ってとても歩ける距離ではない!


そうか、こんなところにもコロナウィルスの影響が出ているんだと改めて実感した出来事でした。

帰路は、空気が抜けた全く進まない車輪に食材の重みが余計にずっしりとかかる自転車を、ひいて歩いたり、時には無理やり乗って帰りました。

車輪の枠が歪みそうで怖い!

そうそう、お米が丁度きれたので、2キロ買ったんです。


このパンクの出来事を、どう受け止めるか。

家にいたほうが良いよという宇宙からの?先祖からの?メッセージかも知れませんね。

これを機に、ネットスーパーデビューしてみようかしら?

インターネットを使われないご高齢の方で、こんな状況になったら、食料調達はどうしているのでしょうか?

ふと、思いました。
ブログランキングUPの励みになります ブログランキング・にほんブログ村へ

過去ログ